AND WOOL

『ちょっと豊かに』をコンセプトに、ニットなど手を動かすことから、普段の生活がちょっと楽しくなるような提案を、静岡県島田市の茶畑の中からしています。具体的には、毛糸の販売を行ったり、各地でワークショップ活動を積極的に行ったりしています。最近では、編み職人を育て上質なニット製品をつくる活動が形になってきました。今回のあみものエキスポでは、私たちが糸メーカーとつくっている毛糸や編み物キットをメインに紹介していこうと思っています。上質な素材をつかった、ふわふわで滑らかな毛糸です。どうぞお楽しみに。


AND WOOL
【編み物キット】ケーブル編みアームウォーマー(糸:No.12)と、【編み物キット】ケーブル編みセータ―(糸:No.12)

AND WOOL【YARN】で取り扱っている【No.12】の糸のご紹介です。糸単体の発売や、 裏目と表目と交差編みをつかったアームウォーマーやセーターの編み物キットの販売もございます。 【No.12】の糸は、ウール素材の太番手の糸で、暖かくふっくらとし肌触りも柔らかく ざっくりとした凹凸感の美しい柄を表現しやすいのが特長のイタリア製の糸です。 暖かさはもちろん、どんなコーディネートにも合わせやすい作品をつくりやすい毛糸になります。

AND WOOL
NO.11 カシミヤシルクウール糸

イタリアメーカーによるカシミヤのモヘヤ調の糸です。
芯部分にシルクを使用した、最高級のシルクカシミヤの上質な糸となります。
天然の光沢感と、繊維の細さと軽さ。そして暖かさが特長で、優しいけれどラグジュアリーなニット作品を編むことができる毛糸です。

AND WOOL
NO.21 ヤクの毛糸 【極細糸】

モンゴルの中南部に住む遊牧民の方から、分けていただいたヤクの毛です。
これらのヤクは、原毛の刈り方からこだわっており、バリカンやハサミを使わず繊維を傷つけないように、一頭ずつ時間をかけブラッシングにより最高の状態で毛を採取しています。
染色せず、ヤクから採れたままの色を利用した毛糸です。
国内メーカーが、現地の方と一緒にこだわって作られた糸を、特別にANDWOOLで販売させてもらえることになりました。
作品を編んだ後に、洗い加工(縮絨加工)をすることにより、素材の柔らかさを更に引き出すことができる素材です。洗いの加工をしなくても、充分柔らかさのある糸なので、そのままの風合いで、ニット作品や織物にご使用いただいても素敵な作品が作れると思います。